美味しい自慢!給食案内

給食の美味さは至誠会保育園の伝統自慢!

朝10時を過ぎるころ、給食のおいしそうな匂いが園内に漂ってきます。 あまりにも良い匂いの為か、ちょうどその頃いらした保護者の方に、その日の献立をコッソリ訊かれることも度々あります。また、給食は毎日玄関で現物を提示しておりますので、降園時の親子の話題は帰り際に見る給食のことが多いようです。子供たちの給食に対する評価は、お代わり!の合唱と満足な表情で自ずと分かります。

「私たち保護者も給食食べたい! 」

そんな多くのリクエストにお応え致しまして、年に一度、保護者の方に試食して頂く機会を設けております。 至誠会保育園の給食は常勤の栄養士が子供たちの健康と安全、そして味にこだわった献立を考え、給食スタッフが心を込めて作ります。食物アレルギーのお子様には栄養士と看護師、園医が連携し、子供の状態に応じた食材を用いるなどの対応をしております。

食育に対する取り組み

保育園で生活する6歳までの間に食に対する関心を高めることは非常に重要です。至誠会保育園では様々な行事を通して、子供たちが「食べ物の大切さ」「生命の尊さ」を体感できる機会を設けています。また、毎日の給食時や給食の献立で「食事マナー」や「日本の食文化」を伝える工夫をしております。

食べ物の大切さを知る

芋掘り遠足(焼き芋会)、親子料理教室、食材体験(月に1度、旬の野菜の皮むきなど)

生命の尊さを知る

トマト、ピーマン、ゴーヤ、ジャガイモ、ニンジンの栽培

食事マナーを知る

箸使用(保育園のもの)

「日本の食文化」を知る

もちつき会、鏡開き、ひなまつり、端午節句、七夕、十五夜、冬至

モグモグだより

献立表や食育に関する取り組みをお知らせするために、年に4回(4月、7月、10月、1月)、「モグモグだより」を保護者へお配りしています。 季節ごとに発行するモグモグだよりは食育や栄養などの情報をお知らせしています。普段園児たちの給食風景を御覧頂く機会は少ないかと思いますが、モグモグだよりで少しはご想像頂けるかと思います。

バックナンバー

NO.10NO.11NO.12NO.13NO.21NO.22NO.31NO.32平成28年5月号平成28年7月号

※直近のモグモグだよりはこちらからダウンロードできます(PDF)。